唐山大地震

唐山大地震

ストーリー

20世紀最大の震災といわれ、24万人の死者を出した1976年の唐山大地震を題材に、『女帝エンペラー』のフォン・シャオガン監督が描いたヒューマン・ドラマ。原作は、チャン・リンの『余震』(角川文庫刊「唐山大地震」所収)。日本では当初、2011年3月26日に公開される予定でプロモーションも進められていたが、直前の3月11日に東日本大震災が発生し、劇中に大地震の再現シーンなどが含まれることから、配給の松竹は公開を延期。4年後となる15年に、あらためて公開を決定した。1976年7月28日、中国河北省の唐山市でマグニチュード7.8の直下型地震が発生。崩壊した家の下敷きになった子ども2人のうち、1人しか救えないという絶望的な状況に陥った母親は、苦悶の末に息子を選ぶ。そしてその声は、ガレキの下の娘の耳にも届いていた。奇跡的に命を取り留めた娘は、養父母のもとで成長するが・・・。

動画リンク

唐山大地震

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-29

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿