レッド・バロン

レッド・バロン

ストーリー

劇場公開、2011年5月21日。その赤い戦闘機は、最も恐れられ、最も賞賛され、そして時代の伝説になった。“赤い彗星”、“紅の豚”のモデルにもなった実在のドイツ人エース・パイロット、マンフレート・フォン・リヒトホーフェンの伝説的活躍を描くスカイ・アクション。監督は、レッド・バロン。貴族階級の軍人の子としてこの世に生まれ、若くして戦闘機乗りとしての類い希な才能を開花させたリヒトホーフェン(マティアス・シュヴァイクホファー)。第1次大戦下、前人未踏の80機もの敵機を次々と撃ち落とし、連合国軍からレッド・バロン(赤い男爵)と呼ばれ、その名をヨーロッパ全土に轟かせていった。だが彼は、従軍看護婦のケイト(レナ・ヘディ)と恋に落ちたことから、自分が戦争のプロパガンダの手段として利用されていると気付き、戦争そのものに疑念を抱くようになり・・・。

動画リンク

第1話: 字幕

第2話: 吹替え

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-30

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿