ウラジミールとローザ

ウラジミールとローザ

ストーリー

日本劇場未公開作品。『シカゴ・エイト』の裁判に基づく裁判劇にして、破壊的な笑いに満ちた革命喜劇。ジャン=リュック・ゴダールが、ベトナム戦争時の徹底的な反米姿勢を露にした問題作。本作は、1968年夏のシカゴ民主党大会で暴動を企てたとして起訴された8人の活動家たち(「シカゴ・エイト」)の裁判をモデルとしている。被告たちの挑発行為によって、もともと茶番劇的な性格を持っていたこの裁判は、作品中ではさらに滑稽なものにされている。『プレイボーイ』に始終何かを書き付けている裁判長エルネスト・アドルフ・ヒムラーを演じるエルネスト・メンゼルの怪演は忘れがたい。裁判劇の合間に差し挟まれる寸劇のうち、ゴダールとゴランが録音機を携えて試合中のテニスコートを練り歩き、革命的な映画作りについてどもりながら議論するという滑稽な姿も印象深い・・・。

動画リンク

第1話: 字幕

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-30

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿