大臣と影の男

大臣と影の男

ストーリー

2011年フランス製作、日本劇場未公開作品。リーク、駆け引き、敵対、失脚。苛烈な権力闘争の中で、あらゆる事態が超スピードで連鎖し絡み合う危機に臨む大臣とその秘書官のドロ沼の苦闘と矜恃。政治の内幕と濃厚な人間ドラマをスリリングに描きだした社会派ドラマ。ピエール・ショレール監督、感動の処女作、『ベルサイユの子』に続く長編第2作。カンヌ映画祭国際映画批評家連盟賞受賞。深夜、運輸大臣のベルトランは、東部のバス転落事故で多数の犠牲者が出たとの報告を受け、ヘリで現場に駆けつける。緊急事態への迅速な対応も、超多忙な大臣の日常の一コマ。派閥に属さず政界では孤立しているベルトランを、秘書官のジル、報道顧問のポーリーヌら、有能な側近チームが支える。主義を曲げない硬骨漢のベルトランだが、国鉄駅民営化をめぐる各省庁の熾烈な権力闘争に否応なく巻き込まれていく・・・。

動画リンク

第1話: 字幕

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-06-01

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿