種まく旅人 ~くにうみの郷~

種まく旅人 ~くにうみの郷~

ストーリー

忘れていた、大切なものがありました。淡路島を舞台に、現地調査のためにやって来た農水省の女性官僚が、それぞれタマネギと海苔を作る兄弟と出会い、彼らとの交流を通じて農水産業の現場が抱える問題に直に接して成長していく姿を描いたヒューマン・ドラマ。2012年に公開された、『種まく旅人~みのりの茶~』に続く、農業や漁業といった第1次産業に従事する人々をテーマに描いた『種まく旅人』シリーズ第2弾。監督は、『真夏のオリオン』、『小川の辺』の篠原哲雄。アメリカ帰りの農林水産省官僚・神野恵子は、地域調査官として淡路島を訪れるが、現地の人々はそんな恵子をどこか胡散臭く見つめ、戸惑いをもって迎えていた。やがて恵子は、玉ねぎ作りにいそしむ農業従事者の豊島岳志と、その弟で海苔と共に生きる漁業者の豊島渉に出会う。2人は父親の死がきっかけで、何年も仲違いしていたが・・・。

動画リンク

種まく旅人 ~くにうみの郷~

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-06-02

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿