梟の城

梟の城

ストーリー

司馬遼太郎氏が直木賞を受賞した長編第1作の同名小説を、名匠・篠田正浩監督が映画化した時代劇アクション。梟と呼ばれる忍者としての誇りをかけ、秀吉暗殺に乗り出した伊賀者の生き様を描く。原作に惚れ込んでいたという篠田監督の演出により、奇想天外なアクション活劇というよりも、原作に忠実な重厚感溢れる本格時代劇に仕上がっている。デジタルを駆使して再現された、安土桃山時代の大阪城や京の街並みも見どころ。天正9年、織田信長が伊賀を攻め、伊賀忍者の多くは殺された。それから10年後、時は豊臣秀吉天下の時代。伊賀の乱で辛くも生き残った葛籠重蔵は、山中でひとり無為の日々を送っていた。そんな重蔵のもとへ、かつての師匠がやってくる。彼は重蔵に、太閤秀吉暗殺の密命を下すが・・・。

動画リンク

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-06-03

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿