新・雪国

新・雪国
ジャンル
邦画 / ヒューマン
制作国
日本
劇場公開
2001
キャスト

ストーリー

女は、生きるため芸者になった。男は、雪に誘われて山ふところに来た。直木賞作家・笹倉明が1999年の川端康成生誕100周年を機に、その代表作『雪国』の舞台となった新潟県越後湯沢・月岡温泉を背景に執筆した同名小説を、後藤幸一監督が映画化した大人のラブ・ストーリー。雪の舞う場末の温泉街を舞台に、失意の中年男と若い芸者との激しい恋を描く。芝野邦夫は、祖父の代から続いていた会社を倒産させてしまい、全財産と家族を失った。今はただあてもなく死に場所を求めてさまようのみ。ふと立ち寄った温泉町のそば屋で、若い芸者の萌子と出会う。一見、かわいく愛想のいい萌子だったが、彼女にもまた暗い過去があった。なんとなく萌子に惹かれるものを感じた芝野は「この金がなくなるまで側にいて欲しい」と、持っていた全財産200万をあずける。芝野の死を予感した萌子は互いの温もりを求めて身体を重ね合う。いつしか芝野の心にも生への情熱が蘇ってくるのだったが・・・。

動画リンク

新・雪国

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-06-03

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿