誰でもない女

誰でもない女
ジャンル
洋画 / 戦争
原題
TWO LIVES
制作国
ドイツ/ノルウェー
劇場公開
2012年
キャスト

ストーリー

2012年ドイツ/ノルウェー製作、日本劇場未公開作品。ただひとつの真実は、すべて偽りだったこと。第2次世界大戦時に企てられたナチスの人口増加計画、その負の遺産を継いだ東ドイツの秘密警察、ノルウェーの女性の悲劇をテーマに、繰り返されるフラッシュバックや謎の人物の登場など、目まぐるしい展開で綴られるサスペンス。ゲオルク・マース監督の長編第2作で、アカデミー賞外国語映画賞ドイツ代表作品。第2次大戦中、ノルウェー占領中のドイツ兵とノルウェー人女性の間に生まれたカトリーネは、出生後、母親から引き離され旧東ドイツの施設で育った。成人後、命がけでデンマーク経由の亡命、母との再会を果たした不幸な過去を持つ。今はノルウェーで、その母と夫、娘と孫に囲まれ幸せに暮らしている。1990年、ベルリンの壁が崩壊。カトリーネと母の元に弁護士スヴェンが訪れる。戦後、ドイツ兵の子を出産した女性を迫害したノルウェー政府に対し訴訟を起こすので、2人の証言がほしいという。カトリーネは、なぜか頑なに拒絶する。そして、ドイツに飛ぶと、過去の足跡を消すような不審な行動に出る・・・。

動画リンク

第1話: 字幕

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-10-26

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿