乱れからくり

乱れからくり
ジャンル
邦画 / ミステリー
制作国
日本
劇場公開
1979/04/28
キャスト

ストーリー

昭和53年度日本推理作家協会費を受賞した泡坂妻夫の同名小説を、松田優作主演で映画化したミステリー。脚本は、『肉の標的・奪う!』の永原秀一。監督は、昭和49年の『女房を早死させる方法』の後、『太陽にほえろ!』などテレビで活躍した児玉進。玩具メーカー「鶴寿堂」の製作部長・馬割朋浩は、海外旅行の直前、交通事故に遭って死亡した。息をひきとる直前、同乗していた妻・真棹の首を絞めようとしながら。真棹は、居合わせた勝敏夫に危ういところで救い出された。興信所の社員敏夫は「鶴寿堂」の社長・馬割鉄馬に依頼され、朋浩の会社乗っ取り工作を究明すべく、興信所の所長宇内舞子とともに彼を尾行していたのである。朋浩の葬儀も終わらぬうちに、馬割家に起こった連続殺人。事件の裏に潜む馬割家の謎、そして一族の住むねじ屋敷の迷路の秘密を追って、敏夫の活躍が始まる。五角形の迷路に隠されていた秘密とは?からくり人形に込められた殺意の真意とは・・・。

動画リンク

乱れからくり

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-06-05

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿