恋に至る病

恋に至る病

ストーリー

先生の種子を、私にください。処女童貞喪失の通過儀礼がテーマの中編作品、『普通の恋』(2008)で、ぴあフィルムフェスティバル2009の審査員特別賞を受賞した木村承子監督が、同映画祭のスカラシップを獲得して製作した長編デビュー作となるロマンス・ファンタジー。生徒の顔もまともに見られず、私語や居眠りも注意できない対人恐怖症の生物教師マドカ(斉藤陽一郎)。彼の事が大好きな女子高生ツブラ(我妻三輪子)は、その姿をただひとりニコニコ顔で見つめ、生物のノートに彼の癖とその意味をイラストで描きとめていた。死んだ後に周囲の人間から忘れられることを恐れるツブラは、誰もいらない先生と、誰かが欲しいあたしが混じったら、きっと丁度いいと、マドカと性器を交換することを妄想していたが・・・。

動画リンク

恋に至る病

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-03

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿