わたしのグランパ

わたしのグランパ
ジャンル
邦画 / ヒューマン
制作国
日本
劇場公開
2003/04/05
キャスト

ストーリー

やさしい人ほど、ほんとは怖い?『橋のない川』、『絵の中のぼくの村』の東陽一監督が、筒井康隆の同名小説を菅原文太&石原さとみ共演で映画化したヒューマン・ドラマ。モントリオール世界映画祭で、最優秀アジア映画賞を受賞。刑務所から帰ってきた仁義を重んじる昔カタギな祖父と、中学生の孫娘の交流をほのぼのとしたタッチで描く。殺された親友の仇をとって、2人のヤクザを殺害したゴダケンこと五代謙三(菅原文太)が刑務所を出所し、13年ぶりに帰ってきた。地元の人たちは、謙三を温かく迎え入れ、謙三の孫娘・珠子(石原さとみ)の日常にも大きな影響を与えていく。祖父の突然の出現に戸惑いながらも、町の皆から慕われている謙三に心を開いていく珠子。珠子へのいじめはなくなり、不仲だった両親も仲直り。しかし、そんな平和な日常もつかの間、ある日、家の前でヤクザが謙三を待ち構えていた・・・。

動画リンク

わたしのグランパ

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-06-07

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿