真幸くあらば

真幸くあらば

ストーリー

R15+指定作品。それは、互いに決して触れ得ない、期限付きの究極の恋愛。詩人・作詞家として知られる御徒町凧が初メガホンをとり、小嵐九八郎の同名小説を映画化した異色のラブ・ストーリー。死刑囚の青年と、彼に婚約者を殺された女性との禁断の愛を描く。遊ぶ金欲しさに空き巣に入った家で居合わせたカップルを、衝動的に殺害してしまった青年・南木野淳。一審で死刑を宣告された彼だったが、検察と争うことを是とせず、弁護士が提出した控訴を自ら取り下げ、そのまま死刑囚として投獄される。独房に佇む彼に突如、美しいクリスチャンの女性が面会に訪れる。川原薫と名乗るその女は、淳が殺した男性の婚約者だった。淳が忍び込み、殺人を犯したのは、その男性と薫とは別の女性との逢引の現場だったのである。婚約者を殺害した憎むべき男であるとともに、婚約者の不実を暴き、それを裁いた男。薫は何故か、そんな両義的な存在である淳に徐々に惹かれはじめ・・・。

動画リンク

真幸くあらば

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-03

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿