死刑台のエレベーター

死刑台のエレベーター
ジャンル
洋画 / ミステリー
原題
ASCENSEUR POUR L’ECHAFAUD
制作国
フランス
劇場公開
1958年
キャスト

ストーリー

製作当時、25歳だったルイ・マル監督が、ノエル・カレフの推理小説を映画化した傑作サスペンス。ジャンヌ・モローの美貌とマイルス・デイヴィスのトランペットが見事に調和し、欲望の果てに運命を狂わせていくカップルの行く末を、ノクロ映像に封じ込まれた都会の孤独感と洗練されたタッチで描きだす。土地開発会社に勤める技師ジュリアン・タベルニエ(モーリス・ロネ)は、社長夫人フロランス・カララ(ジャンヌ・モロー)と通じており、邪魔な社長を殺す完全犯罪を目論んでいた。だが、社内で社長を殺した帰途、残してきた証拠に気づいたジュリアンは現場へ戻ろうとするが、週末で電源を落とされたエレベーター内に閉じ込められてしまう。しかも、会社の前に置いてあった車は、若いカップルに無断で使われており・・・。

動画リンク

第1話: 字幕

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-06-08

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿