野良猫ロック マシン・アニマル

野良猫ロック マシン・アニマル
ジャンル
邦画 / アクション
制作国
日本
劇場公開
1970/11/22
キャスト

ストーリー

孤独なアウトローたちの破壊と破滅を描き、海外でも圧倒的な人気を誇る『野良猫ロック』シリーズの第4弾。横浜を根城にする不良少女グループやアメリカ人が、LSDの争奪戦を繰り広げる。女番長・マヤ役の梶芽衣子をはじめ、藤竜也、范文雀らが共演。監督は、長谷部安春。横浜の港に背を向けた無数の町の一角に、マヤという女の率いる不良少女グループと、佐倉という男の率いるドラゴンと異名をとる不良グループが群れをなしていた。そんな所へ、1台のオンボロワゴン車がこの町に到着した。ノボとサブは、米軍の脱走兵・チャーリーをスウェーデンに逃がすため、船のでる横浜に岩国の基地からやって来た。このおかしな3人組に目をつけたマヤは、いつもの調子でさぐりを入れさせたが、ただLSDを買いに町に寄っただけと聞き余計な節介はやめにした。しかし翌日、その2人はLSDを買うのではなく売りたいとのこと、しかも、500錠と大量であることを耳にしたマヤは、何かいわくのありそうなその薬を奪い取ろうとするが・・・。

動画リンク

野良猫ロック マシン・アニマル

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-06-16

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿