母と暮せば

母と暮せば
ジャンル
邦画 / ヒューマン
制作国
日本
劇場公開
2015/12/12
キャスト

ストーリー

劇場公開日2015年12月12日。小説家・劇作家の井上ひさしが、広島を舞台にした自身の戯曲「父と暮せば」と対になる作品として実現を願いながらもかなわなかった物語を、日本映画界を代表する名匠・山田洋次監督が映画化。1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。/その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。/そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた・・・。

動画リンク

母と暮せば

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-06-16

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿