地下鉄(メトロ)に乗って

地下鉄(メトロ)に乗って

ストーリー

直木賞作家・浅田次郎氏の同名小説を篠原哲雄監督が映画化した、時代を越え世代を越えて真実の愛の物語を描くファンタジー・ドラマ。少年の頃の兄の死にまつわる一連の出来事で、父親との間に深い溝ができた真次(堤真一)。だが、43歳になったある日、父親が倒れたとの知らせが。地下鉄の地下道で、ふとそんな父のことや兄のことを思い浮かべていた真次は、いつの間にか昭和39年の東京にタイムスリップしてしまうのだった。真次は恋人のみち子(岡本綾)とともに過去へ戻り、そこで若き日の父(大沢たかお)と、その恋人お時(常盤貴子)出会う。時空を超える旅を続けるうちに、しだいに明らかになる父の真実の姿。そして、真次とみち子との間に隠された驚くべき秘密。それは、2人の愛に過酷な選択肢を突きつける、あまりにも切ない運命だった・・・。

動画リンク

第1話: GyaO

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-06-25

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿