キリング・ショット

キリング・ショット

ストーリー

劇場公開、2012年4月7日。R15+作品。全員、クセ者。これが長編2作目となるアーロン・ハーヴィー監督が、ブルース・ウィリス、フォレスト・ウィッテカーら豪華キャストを迎えておくるクライム・サスペンス。マフィアのボス、メルの命令により、ドラッグ・ディーラーのテスは、仲間のドーンとカラと共にダイナーに車を走らせていた。目的は、メルのシマで取引をする奴らの正体を暴く事。ダイナーに到着すると、そこには真夜中にもかかわらず数組の先客がいた。約束の時間になっても現れない相手に痺れを切らせた3人は、情報を得ようと一斉に銃を構える。ちょろい仕事だと思っていたが、彼女たちが銃を構えた瞬間、女主人はライフルで応戦。店の奥からコックが、お前らを殺せばメルが大金をくれるとライフルを持って登場。さらに、そこに黒人の警官が現れ・・・。

動画リンク

第1話: 字幕

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-06-26

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿