実録・安藤昇侠道(アウトロー)伝 烈火

実録・安藤昇侠道(アウトロー)伝 烈火

ストーリー

炸裂!侠の燃える魂!生き様をキサマの眼に焼き付けろ!三池崇史監督が、竹内力、内田裕也をはじめ、ほぼ男優だけのキャストで2002年に製作したアウトロー活劇。脚本は、『新・仁義の墓場』、『荒ぶる魂たち』などで三池と組んだ武知鎮典。かつて、安藤組組長として名を馳せた安藤昇が監修を担当する。関東で一大勢力を誇る真田組組長・真田義勝(内田裕也)が、敵対する大滝会中条組のヒットマンに暗殺された。真田組直系若衆・国定新(竹内力)は、肉親以上に慕った真田の暗殺を留置場で知り、怒りと哀しみに狂う。坂東連合幹事長・土方泰典の仲裁で、真田組・中条組の手打ちの手箸が調えられていくが、一方、国定を利用した世代交代を狙う絵図が描かれる。そして、策略のまま大滝会会長の暗殺は成功するが、ヒットマンが国定に差し向けられる。全貌を知った国定の猛り狂う野獣の血が、暴走を開始する・・・。

動画リンク

実録・安藤昇侠道(アウトロー)伝 烈火

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-06-27

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿