ライフ・オン・ザ・ロングボード

ライフ・オン・ザ・ロングボード

ストーリー

米倉一雄、55歳。この度、定年退職して、サーフィンを始めました。定年後、突然サーフィンに取り組み始めた哀愁にじむ中年男性の第二の人生を爽やかに描いたドラマ。主人公・一雄を演じるのは、代役無しで撮影に臨んだサーフィン初挑戦の大杉漣。監督は、『星砂の島、私の島~ISLANDDREAMIN~』の喜多一郎。株式会社マルカネフーズ経理部長代理の米倉一雄は、55歳にしてついに定年退職を迎えた。しかし、目下の予定は何もない。3年前に妻を病気で亡くし、長女の瞳は結婚して家を出た。就職活動中の次女・優は、まだ家に残っているものの、妻が死んで以来、ギクシャクした関係に。家族のために仕事一筋で生きてきた一雄は、これといった趣味もなく、膨大な時間を目の前にして途方に暮れる。そんなある日、江ノ島の実家を訪ねた一雄は、亡き妻がロングボードに悪戦苦闘していた若き一雄の姿を懐かしがっていたのを思い出す・・・。

動画リンク

ライフ・オン・ザ・ロングボード

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-06-27

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿