ヒナゴン

ヒナゴン

ストーリー

1970年代に、広島県比婆郡西城町で巻き起こった謎の未確認生物ヒバゴンを巡る騒動をモチーフにした、直木賞作家・重松清の『いとしのヒナゴン』を、『ぷりてぃ・ウーマン』の渡邊孝好監督が映画化したドラマ。広島県内のとある小さな田舎町、比奈町。増える一方の累積赤字に、隣町との合併話が浮上し、町は大きく揺れていた。そんな折り町役場では、30年ぶりに謎の怪物ヒナゴンの目撃情報が相次いで寄せられる事態になり、今もヒナゴンの存在を信じる若き町長イッちゃんは、「ヒナゴンで町興し」とばかり類人猿課の復活を宣言するのだった。そして、東京から戻ってきた信子が類人猿課で働き始める。彼女は誰あろう、30年前の第一発見者であるホラ健の孫だった。一方、学校の教室では、子どもたちが未知の生物を思い描くことに四苦八苦していた・・・。

動画リンク

ヒナゴン

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-06-29

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿