地雷を踏んだらサヨウナラ

地雷を踏んだらサヨウナラ

ストーリー

70年代初頭のインドシナ半島の動乱期を背景に、実在の日本人フォト・ジャーナリスト、一ノ瀬泰造の生き様を描いた戦争ドラマ。自らの生きる道を追い求めた伝説のカメラマンを浅野忠信が熱演。戦場カメラマン・沢田教一のドキュメンタリー、『SAWADA』の五十嵐匠監督がメガホンをとる。1972年、内戦の激化するカンボジア。銃撃の飛び交う中、ニコンを携えてシャッターを押しつづける男。男は25歳のフリー・ジャーナリスト、一ノ瀬泰造。キャパや沢田教一に憧れて戦場カメラマンを志し、激動のインドシナ半島を駆け巡るうち、やがて解放軍の聖域・アンコールワットを撮影することにとり憑かれてしまう。「うまく撮れたら、東京まで持って帰ります。もし、地雷を踏んだらサヨウナラ」と書き残した男は、死の直前、果たして何を目にしたのか・・・。

動画リンク

地雷を踏んだらサヨウナラ

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-07-02

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿