野火

野火

ストーリー

野火燃ゆるレイテの戦場にとらえた異常な真実!大岡昇平の原作を、『鍵(1959)』のコンビ和田夏十が脚色し、市川崑が監督したもので、レイテ島を舞台に飢餓に追いつめられた兵隊を描いた戦争ドラマ。曹長はなぐった。再び病院へ帰れと命じた。田村一等兵は、のろのろと歩き出した。それは、死の宣告に等しかった。病院からも追い出されたばかりだった。どこにも行く所がない。比島戦線、レイテ島。日本軍は、山中に追いこまれていた。田村は、病院の前に寝ころぶ同じように原隊から追われた連中の仲間に加わった。彼らが厄介ばらいされたのは、病気で食糧あさりに行けないからだった。安田という要領のいい兵隊は、足をハラしていたが、煙草の葉を沢山持っていた。永松という若い兵が女中の子だというので、昔、女中に子を生ませた安田は、彼を使うことにした。翌日、病院は砲撃され、田村は荒野を1人で逃げるが・・・。

動画リンク

第1話: tudou.com

第2話: youtube

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-07-02

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿