実録三億円事件 時効成立

実録三億円事件 時効成立

ストーリー

昭和43年12月10日に発生した「三億円事件」をヒントに、架空の犯人像を想定して犯行を再現するサスペンス・ドラマ。原作は、清水一行の『時効成立』。脚本は、『新幹線大爆破』の小野竜之助。監督は、『爆発!暴走族』の石井輝男。博奕好きで女にだらしない西原房夫は、証券会社の運転手をしていたが、会社の金400百万円を横領し、競馬につぎ込んでしまった。だが、横領が会社にバレて警察に突き出されるところを、情婦の向田孝子がダイヤの指輪と土地を売り、金を返済してくれたので刑務所行きはまぬがれた。その後、2人は同棲生活を送るが、借金に追われる苦しい状態が続いた。昭和43年7月、多摩農協に再三の脅迫状が舞い込んでいた。送り主は、西原だった。この脅迫状は、警察をあざむくためのカモフラージュで、彼は42年12月から3億円強奪の準備を始めていた。そんなある日、西原の態度に不審を覚えた孝子は、彼から日本信託銀行国分寺支店から東芝工場に輸送される3億円の強奪計画を聞かされ・・・。

動画リンク

実録三億円事件 時効成立

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-07-03

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿