地獄(1960)

地獄(1960)

ストーリー

照魔鏡に写し出された前世の悪業、全人類の欲望と罪を暴く恐怖の世界。中川信夫監督による、日本古来の地獄絵や人間の罪の意識をリアルに描写した怪奇傑作。仏教大学の学生清水は、悪魔的な雰囲気をもった学友田村に悩まされていた。彼には、恩師矢島教授の娘である幸子という婚約者がいた。ある日、幸子のもとを訪れ楽しい時を過ごしていたが、田村が来て不快な気持ちにさせられた。田村と自宅に帰る途中、酔漢を轢殺してしまった。清水は良心の呵責と、つきまとう田村の存在に苦悩した。幸子と自首しようと車を走らせる途中、田村の幻影に襲われ、安全地帯にのり上げ幸子は死んだ。幸子の母芙美は、ショックのため気が狂ってしまった。清水は、酒で苦痛を忘れようとするが・・・。

動画リンク

地獄(1960)

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-07-05

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿