女番長ブルース 牝蜂の挑戦

女番長ブルース 牝蜂の挑戦

ストーリー

喧嘩(ゴロ)を捲くなら恐(ブル)かむな!やくざも顔負け、牝蜂どものセックス仁義。豪華キャストとエロチシズムで描く、『女番長(スケバン)ブルース』第2作となるポルノ・アクション。脚本は、助監督の皆川隆之と、『現代ポルノ伝先天性淫婦』の鈴木則文。監督も鈴木則文。撮影は、『女番長ブルース牝蜂の逆襲』の古谷伸。ナオミ、知子、軽子、お良、悦子ら5人の団員を指揮する京都パール団の女番長真紀は、愚連隊の荒木と手を組んで、修学旅行売春、枕捜しなとで盛り場一帯を荒しまわり、その名を京都中に轟かせていた。ところが、大阪を根城とするズべ公グループ黒百合会が京都に勢力を伸ばしてきたため、両派の激突が相次いで起こり始めた。真紀は、黒百合会の番長ユリとグループの運命を賭けて勝負するが、レーサーを夢みる栄三の仲裁で一時引き分ける。栄三は、ユリの幼友達だった。数日後、真紀達は好色坊主・玄海をたらし込んで、数100万円を捲き上げるが・・・。

動画リンク

女番長ブルース 牝蜂の挑戦

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-07-05

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿