ルーム205

ルーム205

ストーリー

2011年ドイツ製作、日本劇場未公開作品。呪われた部屋、封印された秘密、終わりのない恐怖。その謎に触れてはならない。呪われた205号室の恐怖を描くホラー。監督は、ライナー・マツタニ。『スパイダーマン』のサム・ライミがリメイク権を獲得。大学生になったカトリン(ジェニファー・ウルリッヒ)は、新生活を始めるため親元を離れ学生寮に引っ越した。しかし、彼女が入居した205号室は、いわくつきの部屋だった。以前、この部屋に住んでいた女子学生アニカ(ユリア・ディーツェ)が失踪し行方不明になり、そのまま空き部屋になっていたと上級生から知らされるのだった。夜、カトリンがベッドに横になっていると、パソコンが突然暴走しアニカのビデオ日記が流れる。その日から、彼女の周囲の人間が謎の死を遂げ始め・・・。

動画リンク

第1話: 字幕

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-07-12

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿