修羅の群れ(第1部第2部)

修羅の群れ(第1部第2部)

ストーリー

遠く熱海から立ち上がって群雄割拠する関東平野を制した青年の激動の半生を描いた、大下英治氏原作の人気小説を映画化した任侠ドラマ。昭和8年の冬。雪の舞う横浜浅間町の柔道・吉岡道場を、横浜四親分の1人、加東伝三郎が訪ねてきた。そこで柔道を習う稲原龍二は、加東の勧めもあって、彼の若い衆になることに決めた。インテリでありながら博奕で身を滅ぼした父の仇をとるには、この道で男をあげるしかないと思ったからだった。龍二はよく働き、そんな彼に加東一家の兄貴分横山が仁侠道のイロハを教えた。ある日、売り出し中の龍二は、海岸でチンピラにからまれている娘を助ける。娘の名は中田雪子、後の稲原夫人である。日本が太平洋戦争に突入した昭和15年、2人は結婚した。19年、勤労奉仕で御殿場の山北へ出かけた龍二は、伝三郎の兄弟分、横浜笹岡一家の桐原銀一郎とことを起こしてしまう・・・。

動画リンク

第1話: (第1部)

第2話: (第2部)

第3話: (第3部完結編)

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-07-18

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿