向日葵の丘 1983年・夏

向日葵の丘 1983年・夏

ストーリー

劇場公開、2015年8月22日。1980年代に映画制作に情熱を燃やした女子高生3人組の30年ぶりの再会を、『20世紀少年』の常磐貴子、『能登の花ヨメ』の田中美里、テレビドラマ『渡る世間は鬼ばかり』の藤田朋子共演で描いたヒューマン・ドラマ。監督・脚本は、『朝日のあたる家』の太田隆文。東京で売れない脚本家をしている多香子のもとに、30年ぶりに高校時代の同級生みどりから連絡が届く。病気で余命わずかという内容に困惑しつつも、帰郷を決意した多香子。というのも、もう1人の同級生エリカを加えた3人は、大好きな映画で強く結ばれた親友同士だった。ところが、ある出来事のせいでバラバラになってしまい、以来、多香子は一度も連絡を取ることもなく、故郷とも距離を置いてきたのだった。そんな多香子の胸に、1983年の夏の思い出が鮮やかに甦ってくる・・・。

動画リンク

向日葵の丘 1983年・夏

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-07-15

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿