照明熊谷学校

照明熊谷学校

ストーリー

鈴木清順の『東京流れ者』、相米慎二の『セーラー服と機関銃』、和田誠の『快盗ルビイ』、カルト的人気を博す長谷川和彦の『太陽を盗んだ男』、露天風呂での濡れ場が語り草になった勝新太郎の『座頭市』など、照明技師・熊谷秀夫の手がけた照明は、そのまま日本映画史に残る優れた作品群ばかりである。大映京都から日活シスター・ピクチャー、ロマンポルノを経て、『透光の樹』まで、およそ50年あまりの時を、熊谷秀夫の言葉と彼の光で照らされた25本の映画たちとともに、多くの証言を交えて綴るドキュメンタリー。

動画リンク

照明熊谷学校

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-07-17

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿