エロティック・ハウス 愛奴

エロティック・ハウス 愛奴

ストーリー

香港映画の基礎を築いたショウ・ブラザース社が1972年に製作した作品で、香港映画初のレズビアン映画として注目を集めたエロティック・サスペンス。監督は、チュー・ユアン。四季春という売春宿を経営する女主人チュン(ペイ・ティ)は、店で働かせるために、少女たちを誘拐しては働かせていた。そこで1人の美少女、愛奴と出会う。チュンは男を憎んでおり、女しか愛せなかった。愛奴は激しく抵抗するが、徐々にチュンへと身をゆだね、あらゆる悦楽のテクニックを仕込まれ高級娼婦となっていった。マダムの寵愛を受け、しかし常に満たされぬ思いをかかえる彼女は、客の男たちにつぎつぎと甘い罠を仕掛け、彼らの破滅を計画するのだが・・・。

動画リンク

エロティック・ハウス 愛奴

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-07-18

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿