軽井沢夫人

軽井沢夫人

ストーリー

上流階級の優雅な夫人と青年との秘めやかな情事を、避暑地・軽井沢を舞台に、華麗な映像美と官能描写で展開した官能ロマン。R18+指定作品。嵯峨島昭の同名小説の映画化で、監督は耽美的な官能描写に定評の小沼勝。大映の「お姫様女優」として活躍した高田美和が、清純派のイメージを脱ぎ捨て、年齢を重ねた美貌を惜しげもなく披露する。にっかつ創立70周年記念エロス大作。苦学生・紫藤純一は、上流階級にくいこもうと、夏の軽井沢で高級レストランのウェーターとしてアルバイトを始めた。数日後、紫藤は中川総業社長の別荘でのパーティーに、ウェーターとしてレストランから派遣された。紫藤はそこで、政財界の大物や、盛装した夫人、令嬢の中で、中川夫人・佳子に釘づけにされてしまう。佳子に見惚れた紫藤は、銀皿を落としてしまい、中川は彼を責めた。しかし、佳子が紫藤をかばった。翌日、クビになった紫藤は、偶然、息子の有一を連れた佳子と出会った。愛人と暮らす中川と離れて、佳子は孤独な日々を送っていた。。クビになった紫藤に同情した佳子は、彼を有一の家庭教師に頼むことにするが・・・。

動画リンク

軽井沢夫人

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-07-21

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿