信長燃ゆ

信長燃ゆ

ストーリー

テレビ東京で放送。安部龍太郎の著した時代小説(新潮社、日本経済新聞出版社刊)を原作にした、テレビ東京系列の「YAMADA・新春時代劇」第36作目となる時代劇。天下布武を掲げる織田信長は、既成概念を壊し、スペインやポルトガルに並ぶ世界の大国を築きたいと野望を抱いていた。そんな信長の良き理解者として、若いころから親交のあったのが、朝廷側の要人、関白・近衛前久だった。しかし、全国統一を成し遂げようとする信長は、朝廷を越え日本の王となろうと画策する。そんな信長に、前久は危機感を募らせ、次第に対立していくように。また、誠仁親王夫人・勧修寺晴子は、朝廷を守るため信長に接近するが、内裏での不自由な生活と外の世界の広く自由な空気に心を打たれ、さらに信長の人柄に次第に惹かれていく・・・。

動画リンク

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-07-21

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿