亜人 -衝動-

亜人 -衝動-

ストーリー

劇場公開、2015年11月27日。決して死ぬことのない新種の人類「亜人」と、それを追う日本国政府の戦いを描いた桜井画門の人気コミック『亜人』を、『シドニアの騎士』で高い評価を受けたポリゴン・ピクチュアズが制作を担当しアニメーション化した劇場版3部作の第1部。総監督に瀬下寛之、監督は安藤裕章。17年前、アフリカで新種の人類「亜人」が発見される。その特徴は、不死。人間か亜人かは、死んではじめて判明するため見分けが困難で、今のところ日本では2体が確認されたのみだった。しかし当然、多くの亜人が人間に紛れていると予想され、また、ひとたび亜人と認定されれば、周囲から激しい差別と迫害を受けることは確実だった。そんな中、高校生の永井圭が下校中にトラックに轢かれ死亡する。ところがその直後、圭は息を吹き返し、国内で3例目の亜人であることが発覚。こうして、警察はもとより、莫大な懸賞金目当ての人間たちからも追われる身となってしまった圭だったが・・・。

動画リンク

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-07-23

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿