KOKKURI こっくりさん

KOKKURI こっくりさん

ストーリー

70年代に子どもたちの間で一大ブームとなった「こっくりさん」を題材に、現代の女子高生の不安定な内面を描く1997年公開のホラー。監督は、数多くの成人映画で独自の世界を作り上げ、国内外で高い評価を受けている瀬々敬久で、本作が初の一般映画となる。脚本は、瀬々とたびたびコンビを組んでいる井土紀州との共同。幼い頃に両親を亡くし、義理の姉・麻子と暮らしている女子高生の未央は、どこか冷めた雰囲気の同級生・比呂子に密かな恋愛感情を抱いていた。ある日、未央と比呂子は同級生の昌巳から、「こっくりさん」に誘われる。女子高生DJのミチルが自らの恋愛やセックスについて語るラジオ番組で、「私の事をこっくりさんで占ってみて」と呼びかけたのだった。昌巳が結果を番組に送ると、家族構成も生まれた時間も正解だったが、もうすぐ18歳の誕生日を迎えるミチルの死が、占いでは17歳と出るのだが・・・。

動画リンク

KOKKURI こっくりさん

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-05

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿