ウィッチブレイド 闇の女戦士

ウィッチブレイド 闇の女戦士

ストーリー

日本劇場未公開作品。1995年から執筆されているアメリカ・トップ・カウ・プロダクションのマイケル・ターナー原作によるアメリカン・コミックスを映像化したSFアクション。2006年には、日本において本作品を翻案したテレビアニメが制作・放映された。太古から存在するウィッチブレイド。それは、知性と自意識を持った武器だった。宇宙に存在する象徴的な力のひとつで、法と秩序を司るアンジェラス、暗黒と混沌の力ダークネスと対抗する戦士の力である。活性化していない状態では、各所に宝石状の結晶を持った装飾的な右手用のガントレットにも見える。女性にしか扱うことができず、ウィッチブレイドに認められた適合者以外のものが使おうとすると、その腕を失う。ウィッチブレイドは、手甲あるいは剣の形態で適合者と接触することで継承される。ニューヨーク市警(NYPD)殺人課の巡査部長だったサラ・ペッチーニは、ウィッチブレイドの適合者となり、そのパワーと能力で様々な敵や自らの宿命と戦う・・・。

動画リンク

第1話: 字幕

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-07-25

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿