ロケッティア

ロケッティア

ストーリー

とてつもないヒーローになってしまった男の、とてつもない冒険物語。ディヴ・スティーヴンスの人気コミックをもとに、ひょんな事から背負って自由に飛ぶことの出きるロケットを手に入れた青年が、ナチス相手に奮闘する姿を描いたヒーロー・アクション。原案・脚本はダニー・ビルソンとポール・ディメオ、共同原案はウィリアム・ディアが執筆。第2次大戦前夜の1938年。飛行機が好きなクリフは、FBIとギャングの追いかけっこに巻き込まれて、親友の天才技師ピーヴィー設計の愛機を壊される。しかし、ギャングの隠したロケット・パックを発見。この装置を付けて人助けをしたクリフは、正体不明のヒーロー、ロケッティアとして一躍有名になる。その頃、クリフと喧嘩中の恋人ジェニーは、憧れの二枚目ネヴィル主演映画のに端役で出演していたが、ネヴィルは突然彼女に接近を始める。ロケットはハワード・ヒューズの発明ものであり、ネヴィルはナチのスパイでそれを兵器として使うべく狙っていた・・・。

動画リンク

ロケッティア

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-07-26

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿