グランドピアノ 狙われた黒鍵

グランドピアノ 狙われた黒鍵

ストーリー

劇場公開、2014年3月8日。密室のコンサートホール、一音でも間違えると殺される。『[リミット]』のロドリゴ・コルテスが製作を務めるワン・シチュエーション・サスペンス。コンサート中に命を狙われるピアニストとスナイパーの攻防を描く。監督は、『拘禁囚われし宿命の女』のエウヘニオ・ミラ。若き天才ピアニスト、トムの5年ぶりの復帰コンサートは、突如として悪夢に変貌した。4000人の観客が見守るステージに立ったトムは、亡き恩師パトリックが遺したグランドピアノ、ベーゼンドルファーのインペリアルを弾くことになる。しかし、演奏のさなか、譜面に書かれた謎のメッセージとともに、姿なきスナイパーの銃口が自分に向けられていることに気付いたのだった。トムは、「一音でも間違えるとお前を殺す」という脅迫に従い、パトリックが作曲した「ラ・シンケッテ」の演奏に挑むことに。この曲は、世界中でパトリックとトムのふたり以外は演奏不可能と言われ、舞台恐怖症に陥ったトムのトラウマとなった難曲だった・・・。

動画リンク

第1話: 字幕

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-07-26

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿