南の島に雪が降る

南の島に雪が降る

ストーリー

戦時中のニューギニアで、演芸分隊に任命された男が出会う苛酷な戦争体験を綴ったドラマ。監督・製作・脚色は、『奇跡の山さよなら、名犬平治』の水島総。1995年、ニューギニアのジャングルに、旧日本兵の生き残りがいるという噂がたった。「ジャワの極楽、ビルマの地獄、死んでも帰れぬニューギニア」と言われたほど苛酷な戦地だったニューギニアから生還した叶谷は、現在は車椅子の生活を強いられながらも、それが戦時中世話になった須藤軍曹であることを信じ、娘の知美らを伴ってニューギニアへ赴く。噂通り日本兵は存在し、それは須藤だった。ところが、同行した現地兵の勘違いから重症を負ってしまった須藤は、迎えのヘリコプターを待つ間、叶谷にどうして自分が日本へ戻らなかったのか、50年前の出来事を語り始めるのであった。1945年、マヤサルミ戦線にいた衛生兵・須藤は、役者だった経歴を買われ、兵隊の慰問と士気高揚を目的とする演芸分隊の編成を命じられ・・・。

動画リンク

南の島に雪が降る

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-07-29

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿