スウィートホーム

スウィートホーム

ストーリー

『ドレミファ娘の血は騒ぐ』、『呪怨』、『岸辺の旅』の黒沢清監督が1989年に手掛け、同年劇場公開されメジャーデビューを果したホラー。洋館に棲みついた悪霊と人間との戦いを描く。キャスティングの奇抜さと、『エクソシスト』などの特殊メイクで知られる特撮界の大御所ディック・スミスを招いてのSFXで話題を呼んだ。伊丹十三が全面バックアップを買って出た作品で、伊丹十三は製作総指揮と出演を兼ねている。尚、DVD化はされていない。ある日、故・間宮画伯の古びた屋敷を、TVの取材チームが訪れた。スタッフはディレクターの早川秋子、プロデューサーの星野和夫、カメラマンの田口亮、レポーターのアスカ、それに夏休み中の和夫の娘・エミも同行した。間宮が死んで30年だが、そこには幻の壁画が残されていた。エミは母を亡くしてから秋子を慕っており、和夫と秋子の間にもほのかに恋愛感情があった。しかし、屋敷で取材を始めたとたんアスカが何者かに憑かれ・・・。

動画リンク

スウィートホーム

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-05

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿