海難1890

海難1890

ストーリー

劇場公開、2015年12月5日。なぜあの時、トルコは日本を助けてくれたのか?日本人が知らない、奇跡の実話。日本とトルコの友好関係の礎となったエルトゥールル号遭難事件を題材に、2015年に日本トルコ友好125周年を迎えたのを記念して製作された日本・トルコ合作のヒューマン・ドラマ。『家路』、『臨場』の内野聖陽が、エルトゥールル号乗組員の介抱に奔走する医師役で主演。ヒロイン役の忽那汐里は、それぞれの時代に生きる女性を1人2役で演じた。監督は、『利休にたずねよ』、『化粧師KEWAISHI』の田中光敏。1890年9月、オスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号が和歌山県沖で座礁し、乗組員618人が荒れ狂う海へと投げ出された。500人以上もの犠牲者が出る中、地元住民の懸命な救助活動によって69人の命が救われ、トルコへ帰還。この事件をきっかけに、日本とトルコの間に厚い友情が結ばれることとなった。そして1985年、イラン・イラク戦争で緊張が高まるテヘランに日本人215人が取り残され、日本大使館はトルコに救出を依頼する・・・。

動画リンク

第1話: 字幕

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-07-31

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿