殺しの後にタンゴを

殺しの後にタンゴを

ストーリー

日本劇場未公開作品。不慮の事故で殺人を犯してしまった女と、その犯人を追う刑事の奇妙な関係を描いた官能サスペンス。監督は、アントニオ・ゴンサレス=ビヒル。女性精神分析医のマレーナは、娼婦が襲われている場面に出くわし、助けようとして男を殺してしまう。マレーナと娼婦は男の死体を隠し、誰にも口外しないと約束する。テレビで、男が刑事で妻と娘が残されていることを知ったマレーナは、良心の呵責から遺族の様子を見に行き、真相を隠したまま男の妻と友人になっていく。男の同僚だったカルロスも遺族を足繁く訪ねるが、犯人を追うカルロスとマレーナの間に激しい愛が芽生え、のっぴきならない関係に。やがて、男の死体が発見され、そのニュースを見た娼婦が再びマレーナの前に現れて驚くべき事実を口にするのだが・・・。

動画リンク

第1話: 字幕

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-08-01

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿