シベリア超特急 二人の佐伯大尉

シベリア超特急 二人の佐伯大尉

ストーリー

大臣就任披露パーティで突然の殺人事件!佐伯大尉の大宙乗り!第2次世界大戦前夜のシベリア鉄道内で起こった密室殺人事件を描いた、水野晴郎監督・主演で贈るミステリー。「シベ超」が本来的に内包しているはずの戦争反対のメッセージがストレートに反映された、シリーズの中でも最も悲劇色が強い感動作品だが、007シリーズを日本でヒットさせた水野自身がボンド映画のオープニングを自ら再現するなど、バラエティに富んだアクションも多数登場。舞台は、女性外務大臣の就任パーティー。華やかな中で走り回っているのは、総理大臣秘書官と外務大臣秘書官。やがて、総理大臣夫妻や野党トップの民政党党首、有名映画女優も駆けつけ、その後ろには、映画監督のMIKEMIZNOの姿もある。乾杯の瞬間、MIKEMIZNO監督が腹を押さえうずくまった。ノドに酒を詰まらせただけだったが、傍らには別の老人が倒れていた。毒殺か、自殺か、犯人は誰なのか、そして一体目的はどこに・・・。

動画リンク

シベリア超特急 二人の佐伯大尉

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-08-03

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿