戦艦武蔵

戦艦武蔵

ストーリー

2016年8月6日(19:30~20:59)、NHKBSプレミアムで放送。太平洋戦争の終わりごろ、絶対沈まない軍艦と言われながら、アメリカ軍の攻撃で40発を越える爆弾・魚雷を受け撃沈された、世界最大の戦艦・武蔵。去年3月、フィリピンのシブヤン海で、71年ぶりに発見されたこの巨大戦艦の元乗組員と遺族の魂の交流を描くスペシャル・ドラマ。28歳の介護職員の真中麻有(石原さとみ)は、ある人物を探しに四国に旅に出た。麻有が探しているのは、武蔵の元乗組員の木山三男(津川雅彦)。実は、麻有の祖父・俊之は、戦艦武蔵の元乗組員。その祖父がどのような最期を遂げたのかを知りたいと、年老いた祖母・ふみ(渡辺美佐子)とともに旅に出たのだ。お遍路に出ていた俊之の戦友、木山を何とか探し当てたふたり。そして、そこに現れた謎の若者、篠原徹(勝地涼)。木山から聞かされたのは、思いがけない事実だった。封印を解かれた、70年前の記憶。祖父が愛する人のために残した、最後のメッセージが今明かされる・・・。

動画リンク

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-08-09

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿