臨場 劇場版

臨場 劇場版

ストーリー

想いを拾い尽くさない限り、終われない。横山秀夫氏による同名警察小説が原作で、検視官・倉石義男の活躍を描いた内野聖陽主演のTVドラマ『臨場』(2009)、『臨場続章』(10)に続く劇場版。監督は、『探偵はBAR』の橋本一。残忍な無差別通り魔殺人事件と、その2年後に起きた関係者の連続殺人事件を軸に、検視を通して被害者、加害者、そして遺族たちの心と向き合っていく主人公の姿をリアルな筆致で描き出す。都内で無差別通り魔事件が発生。だが、実行犯は被害者遺族たちの願いも虚しく、心神喪失が認められ、刑法第39条により無罪となってしまう。その2年後、事件を無罪へと導いた弁護士と精神鑑定を行った医師が相次いで殺害される。警視庁と神奈川県警の合同捜査本部が立ち上がり、2年前の通り魔事件の遺族に疑いの目が向けられた。「俺のとは違うな」、倉石は死亡推定時刻に疑問を抱き、犯人が別にいると考える。果たして、彼が追った先にある真相とは・・・。

動画リンク

臨場 劇場版

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-06-29

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿