グランド・ジョー

グランド・ジョー

ストーリー

ラリー・ブラウンの同名小説を、『スモーキング・ハイ』、『ピンチ・シッター』のデヴィッド・ゴードン・グリーン監督が映画化し、ニコラス・ケイジが久々にシリアスな演技を見せた秀作で、予想外の出会いが男の心を動かし人生を変えてゆくヒューマン・ドラマ。2015年8月にWOWOWで本邦初放映後、2016年1月~3月開催の「未体験ゾーンの映画たち2016」にて上映。ミシシッピー州の林業現場で違法行為をしながら金を稼ぐ荒くれ前科者のジョー(ニコラス・ケイジ)のもとに、ある時、この町に越して来たばかりだという15歳の少年ゲーリー(タイ・シェリダン)が仕事を求めてやって来る。ゲーリーの父親はアル中で、母親と幼い妹を助けるため金を必要としていたのだった。若い頃の自分の姿をゲーリーに重ねたジョーは、彼を救いたい気持ちに駆られ、自分なりに世話を焼くようになるが、そのことが意外な事態を引き起こしてしまい・・・。

動画リンク

グランド・ジョー

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-08-18

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿