ボクは坊さん。

ボクは坊さん。

ストーリー

24歳。書店員だったボクは、ある日、突然坊さんになった。愛媛県今治市にある四国八十八カ所霊場の第57番礼所・栄福寺の住職・白川密成氏が、糸井重里氏が編集長を務める「ほぼ日刊イトイ新聞」で連載し、後に書籍として出版もされた実話エピソードを映画化したドラマ。24歳で突然、住職となった青年が、慣れぬ毎日に苦悩しながら、幼なじみや大学時代の友人たちとの交流を通して成長していく姿を描く。『ALWAYS三丁目の夕日』で知られる制作プロダクションのROBOTが手がけ、同社所属の映像クリエイター、真壁幸紀が長編映画監督デビューを果たした。住職だった祖父の死をきっかけに書店員の仕事を辞め、自らも24歳で住職になった白川光円。初めて知る住職の世界は奥深く、毎日が驚きの連続だった。光円は、檀家の人たちとの関係に悩み、冠婚葬祭で人々の人生の節目を見守り、様々な経験を積むことで成長していく・・・。

動画リンク

第1話: openload

第2話: streamin

第3話: tudou.com

第4話: bilibili.com

第5話: nicofinder

第6話: acfun.tv

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-06

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿