レイザーバック

レイザーバック

ストーリー

オーストラリアの荒野に出現した伝説の巨大イノシシ、レイザーバックの恐怖を描いた1985年公開のバイオレンス・ホラー。ミュージック・ビデオで有名なラッセル・マルケイの劇場用作品監督第1作で、ストーリーテリングの弱さは残るが、音楽畑で鍛えた絵と音の相乗効果による演出はインパクト充分。ピーター・ブレナンの小説をエヴァレット・ドゥ・ロッシェが脚色し、従来の動物パニック物とは一線を画する異色作となっている。オーストラリアの荒野の町ガムラに夜が来た。風音とともに凄まじい物音が聞こえ、何者かが家をぶち破り通過していった。同時に、この家の赤ん坊も連れ去った。祖父のカンガルー・ハンター、ジェイク(ビル・カー)は裁判にかけられたが、伝説の巨獣レイザーバックの仕業だと主張し無罪となった。2年後、ニューヨークの女性テレビ・リポーターのベス(ジュディ・モリス)がカンガルー虐殺をリポートするために、ガムラにやって来るが・・・。

動画リンク

レイザーバック

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-08-22

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿