きんぴか

きんぴか

ストーリー

浅田次郎による長編小説を原作に、ヤクザ、政治家秘書、自衛官、信じていた組織に見捨てられた3人の悪漢たちを描くヒューマン・ドラマ。1998年から片山誠によって漫画化、1996年に『通称!ピスケン』のタイトルでVシネマ化もされている。天崇連合会岩松組の組員・阪口健太(中井貴一)が、敵対する銀鷲会組長を射殺。これは、組を想っての健太の単独行動だった。それから13年、出所した健太を出迎えたのは、老刑事・向井権左エ門(綿引勝彦)ただひとり。大勢の組員の出迎えを想像していた健太に向井は、「バカが。捨て駒になりやがって」と現実を突き付ける。一方、最強の肉体を持つ自衛官・大河原勲(ピエール瀧)は、安全保障関連法案の撤回を求め、ひとりクーデターを起こすが失敗。また同じころ、政治家・山内龍造(村井國夫)の優秀な秘書・広橋秀彦(ユースケ・サンタマリア)は、山内の収賄容疑をかぶり逮捕され離婚の危機に。そんな崖っぷち2人にも向井が声を掛け、健太、大河原、広橋がそろった・・・。

動画リンク

第1話

第2話

第3話

第4話

第5話: 最終話

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-06

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿