インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

ストーリー

第67回アカデミー賞で3部門にノミネート作品。吸血鬼に魅入られ、不老不死となった青年が遂げる数奇な運命を描いたホラー・ロマン。女性作家アン・ライスの代表作でカルト的な人気を誇る小説、『夜明けのヴァンパイア』(早川書房)を、彼女自身の脚本で映画化。現代のサンフランシスコ。とある部屋で、マスコミでのし上がろうとする野心的な若者クリス(クリスチャン・スレイター)が、漆黒の髪の美青年ルイ(ブラッド・ピット)へインタビューを始めたが、その内容は驚くべきものだった。18世紀末、米ニューオリンズ。フランス移民のルイは、当時25歳。最愛の妻と娘を亡くして絶望する彼に、美貌の吸血鬼レスタト(トム・クルーズ)が近づく。彼は、人間らしく揺れ動く、繊細な魂のルイに興味を覚え、永遠の命を共にする伴侶として彼を選ぶ。首筋にレスタトの牙を立てられて死亡したルイは、間もなく吸血鬼として蘇生するが・・・。

動画リンク

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-07

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿