夕陽のガンマン

夕陽のガンマン

ストーリー

セルジオ・レオーネ監督、クリント・イーストウッドによる傑作マカロニ・ウエスタン。殺人強盗犯と、彼をめぐって衝突しあうふたりの賞金稼ぎを描く。マンゴー(クリント・イーストウッド)は若い男で激しい性格、物事はすばやく片づけるのが得意。もう1人、大佐(リー・ヴァン・クリーフ)と呼ばれる男は初老で、身のこなしも上品、冷静に計算してから仕事を片づける。この2人、お互いに相手を知らなかったが、共通の目的はインディオ(ジャン・マリア・ヴォロンテ)と呼ばれる凶悪な殺人鬼を探し、殺すことだった。賞金は2万ドル。マンゴーと大佐の出会いは、お互いの不信から決闘寸前にまでいったが、血をみずに終り、共通の目的を果たすために手を結んだ。もちろん賞金は山分け、ということで。このとき、インディオは牢獄を脱走し、仲間と一緒にエル・パソの銀行を襲撃する計画をねっていた・・・。

動画リンク

夕陽のガンマン

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-09

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿